ナビ鉄道模型の歴史ゲージの種類駆動方式鉄道模型用語ナビ
印鑑の販売は以下から
印鑑・はんこの通販 ハンコヤ ドットコム

鉄道模型とは

鉄道模型とは、鉄道車両・線路の模型の事です。しかし、プラモデルや置物等の走行させることができない模型は、鉄道模型とは区別されています。 一定の縮尺・軌間が定められており、その種類は様々ですが、基本的に、現代に近づくにつれそのサイズは小さくなってきています(技術が進歩した事により、小さな製品を作れる様になった為)。 欧米ではHOゲージが主流ですが、日本ではNゲージが最も普及しています。NゲージはHOゲージ等と比べると小型なので、走らせる場合にスペースをとらない為、住宅の狭い日本で主流になりました。 楽しみ方は多岐に渡り、線路を並べその上を走らせるだけに留まりません。鉄道を含む風景を制作するジオラマ、ミニチュアの鉄道システムを作り上げ走行させるレイアウト、車両を精密に作り上げたり既製品を改造する車両工作等、様々な楽しみ方があります。

■在庫多数 鉄道模型、Nゲージ、ジオラマ等の通信販売。
鉄道模型専門サイト


日本における鉄道模型の歴史

日本では、本物の鉄道よりも先に模型の鉄道が完成しました。1853年に、ロシアのプチャーチン(日露和親条約を締結した軍人)や1854年、アメリカのペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府の役人の前で模型蒸気機関車の走行を実演したのがはじまりだといわれています。その後1855年、佐賀藩で田中久重、中村奇輔、石黒寛二らによって外国の文献を頼りに軌間130mmの蒸気機関車の雛型(模型)が製作されました。


また、同じ頃に長州藩の中島治平が長崎で購入したか、木戸孝允がパリで購入したと伝えられるナポレオン号が山口県立博物館に保存されています。加賀の大野弁吉(江戸時代の発明家)が製作した記録もあります。 やがて子供の科学(誠文堂新光社が出版している子供向け科学雑誌)で本間清人が50mmゲージを、科学画報(誠文堂新光社から刊行されていた月刊雑誌)で香西健が35mmゲージをそれぞれ提唱しました。 また、海外から1番、2番ゲージ等が輸入された事により、愛好家を中心に徐々に普及していきました。戦争のため一時中断しましたが、戦後は進駐軍向けのO(0番)ゲージやHOゲージの輸出が盛んになり、HOゲージの規格や部品を流用した16番ゲージが愛好者層を中心として普及しました。その後Nゲージが普及した事により愛好者層が拡大し、現在に至ります。


近年の鉄道模型事情

1970年代後半に社会現象にまでなった鉄道模型ブームが去ってから20年以上の時が経ち、それまで販売の中心だった百貨店等での取り扱いはどんどん減少しています。しかし、1990年代後半から、鉄道模型とは馴染みの無い家電系量販店と玩具系量販店がNゲージの取り扱いを始めた事により、模型専門店に来店しない人達にも鉄道模型が広まっています。 また、インターネットが普及し、店まで足を運ばなくてもインターネット通販を利用する事で簡単に商品を手に入れられるようになった事もプラスに作用しています。しかしその反面、限定商品や品不足となった希少商品は、ネットオークションでも取引されるようになり、投機的な取引が問題視されています。

電車